Android Studioの動作が重いときの対処方法【Androidアプリ開発】

Android Studioの動作が重いときの対処方法について説明しています。エミュレータの設定を変更すると、CPU・メモリの使用率を抑えることが出来ます。

設定変更前は継続してCPU使用率100%となっていましたが、設定変更後は100%を下回るようになりました。

設定の変更方法

以下の設定ファイルを開きます。
>C:\Users\ユーザ名\.android\avd\デバイス名\config.ini

不要なオプションを使わないように設定します。
今回は以下2つを”no”に変更しました。

  • hw.audioInput = no
    →音声入力の使用有無
  • hw.gps = no
    →GPSの使用有無
設定の変更

まとめ

Android Studioの動作が重いときの対処方法について説明しました。
エミュレータの設定を変更することで、CPU・メモリの使用率を抑えることが出来ました。

設定ファイルは以下に置かれています。
>C:\Users\ユーザ名\.android\avd\デバイス名\config.ini

必要・不要なオプションを検討して設定を変更しましょう。

Androidアプリ開発
この記事を書いた人

エンジニアとして仕事をしています。
仕事や趣味を通して、開発やプログラミングについて学んだことを綴っていきます。
 ・実務経験は、WEBシステムのサーバーサイドコーディングがメイン
 ・アプリ開発は趣味程度

akihiro-takedaをフォローする
akihiro-takedaをフォローする
プログラミング・開発の備忘録
タイトルとURLをコピーしました