WindowsOSでの実行環境の作り方【Androidアプリ開発】

WindowsOSでのAndroidアプリ開発環境の構築手順について説明しています。

必要なアプリケーション

  • Java
  • Android Studio

インストール手順

Javaのインストール

Javaのホームページからインストーラをダウンロードします。

javaのダウンロード

インストーラを起動して「インストール」を実行します。

javaのインストール

Android Studioのインストール

Android Developerのホームページから「Android Studio」のインストーラをダウンロードします。

android studioのダウンロード

インストーラを起動して「インストール」を実行します。

画面の指示に従って進めていきます。
特に変更せず「Next」を選択していきます。

android studioのインストール1枚目
android studioのインストール2枚目
android studioのインストール3枚目
android studioのインストール4枚目

AndroidStudioの起動

ショートカットもしくは、アプリケーション一覧から「Android Studio」を起動します。

設定のインポートは行わないため「Do not import setting」を選択します。

android studioの起動

Googleへのデータ提供を行うかの選択です。
どちらを選択しても構いません。

android studioの起動2枚目

インストール方法の選択です。
「Standard」を選択します。

android studioの設定

UIの見た目の選択です。
好みで選びます。

android studioの設定2枚目

「Finish」を選択したら、設定完了です。

android studioの設定3枚目

「Create New Project」からアプリ開発が行えます。

android studioの設定4枚目

次は日本語化する方法を説明します。

Androidアプリ開発
この記事を書いた人

エンジニアとして仕事をしています。
仕事や趣味を通して、開発やプログラミングについて学んだことを綴っていきます。
 ・実務経験は、WEBシステムのサーバーサイドコーディングがメイン
 ・アプリ開発は趣味程度

akihiro-takedaをフォローする
akihiro-takedaをフォローする
プログラミング・開発の備忘録
タイトルとURLをコピーしました