MPAndroidChartでグラフを表示する方法【Androidアプリ開発】

ライブラリ「MPAndroidChart」を利用して、導入から簡単なグラフを表示するところまで説明します。

本記事はとりあえずグラフを表示したいという方向けの内容です。様々なグラフを表示することが可能なライブラリとなっています。

実装方法

ライブラリを追加する

まずは、gradleに下記の通り追加します。

build.gradle(プロジェクト)

allprojects {
    repositories {
        …
        maven { url 'https://jitpack.io' }
    }
}

build.gradle(:app)

dependencies {
    …
    implementation 'com.github.PhilJay:MPAndroidChart:v3.1.0'
}

レイアウトに追加する

activity_main.xml

以下の通り、配置したいところに追加します。

<com.github.mikephil.charting.charts.LineChart
android:id="@+id/line_chart"
android:layout_width="match_parent"
android:layout_height="match_parent"
/>

デザイン上だと、コンポーネントツリーに「line_chart」と表示されます。

レイアウト

グラフを表示する処理を追加する

MianActivity.kt

アプリ起動時にあらかじめ設定したデータをグラフとして表示するようにします。

override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
    super.onCreate(savedInstanceState)
    setContentView(R.layout.activity_main)

    //linechartのコンポーネントを取得
    val lineChart: LineChart = findViewById(R.id.line_chart);

    //グラフのデータを設定(データを増やす場合は、ここで追加していく)
    val value: ArrayList<Entry> = ArrayList()
    value.add(Entry(0F, 100F))
    value.add(Entry(1F, 200F))

    //linechartに設定
    val valueDataSet = LineDataSet(value, "sample")
    lineChart.data = LineData(valueDataSet)
}

実行結果

2点を結ぶグラフを表示しています。

実行結果

まとめ

MPAndroidChartでグラフを表示する方法を紹介しました。

MPAndroidChart は様々なグラフを表示することが可能となっていて、とても便利なライブラリです。今回は、ライブラリの導入から簡単なグラフを表示するところまで説明しました。

他の種類のグラフの実装方法等、もう少し詳しい内容は以下の記事をご覧ください。

Androidアプリ開発
この記事を書いた人

エンジニアとして仕事をしています。
仕事や趣味を通して、開発やプログラミングについて学んだことを綴っていきます。
 ・実務経験は、WEBシステムのサーバーサイドコーディングがメイン
 ・アプリ開発は趣味程度

akihiro-takedaをフォローする
akihiro-takedaをフォローする
プログラミング・開発の備忘録
タイトルとURLをコピーしました