FloatingActionButtonの役割とメリット【Androidアプリ開発】

FloatingActionButtonは通常のButtonとどう違うのか、使用することでどのようなメリットがあるのか説明しています。

FloatingActionButtonとButtonの違い

どちらも押すことでアクションを起こすという点では違いはありません。

大きな違いは、ボタンが他のコンポーネントから独立しているのかという点です。

Buttonは配置すると他のコンポーネントと同じ動きをします。スクロールして見えなくなると押すことは出来なくなります。ボタンを押したい場合は、もう一度スクロールで戻らなければいけません。

それに比べて、FloatingActionButtonは名前の通りFloating(浮いている)しています。ですので、画面をスクロールしたとしても、ボタンはその場にとどまります。いつでも押すことが出来るということです。

FloatingActionButtonのメリット

ユーザビリティの向上が一番のメリットです。

Googleのマップアプリをイメージすると分かりやすいです。マップの上にいくつかボタンが置かれていますが、マップをスクロールしてもボタンの位置は変わりません。「経路」や「現在地」のボタンはいつでも押すことが出来るので、スクロールし直したり、メニューを開いたりといった手間がなく、すぐに操作が出来るようになっています。

使う場面としては、よく使う操作を設定することが一般的です。頻繁に操作を行うということは、実装するアプリにとって重要な操作になります。利便性の観点からも、よく使う操作を設定することでユーザビリティが向上します。

まとめ

FloatingActionButtonの役割とメリットについて説明しました。

FloatingActionButtonは、スクロールしてもその場にとどまるため、いつでもボタンを押すことが出来ます。そのため、どの操作がアプリにとって重要なのかを考えて実装すれば、ユーザビリティの向上につながります。

もっと詳しく知りたい方は、こちらのサイトが分かりやすいです。

Androidアプリ開発
この記事を書いた人

エンジニアとして仕事をしています。
仕事や趣味を通して、開発やプログラミングについて学んだことを綴っていきます。
 ・実務経験は、WEBシステムのサーバーサイドコーディングがメイン
 ・アプリ開発は趣味程度

akihiro-takedaをフォローする
akihiro-takedaをフォローする
プログラミング・開発の備忘録
タイトルとURLをコピーしました